お気に入りに追加

行動経済学のすすめ


望月先生が、中小企業から20年以上「研修」や「教育体系コンサル」の受注を取り続けられているのは、毎年多くの本を読み、それをご自身のものにし、中小企業の社員にも分かりやすく提供できているからです。

そんな望月先生が今年選ばれたのは「行動経済学」というテーマです!
経済という言葉を聞いただけで「苦手」と思われる先生もいるかもしれませんが、待ってください。

望月先生いわく・・・

「行動経済学」とは、経済行動に関する人の心の動きを、わかりやすく教えてくれる学問です。
とてもリアルで、内容がおもしろいのが特徴です。

とのこと。

たとえば「行動経済学」では、こんなことも研究対象になります!

なぜ、いつも同じお店に寄ってしまうのか?
損したお金と得したお金は、同じ価値か?
下取り価格に大抵落胆するのはなぜか?    などなど。

例を出されると、とても身近に感じるのではないでしょうか?


この講座を受けると・・・

 先生方が顧客にコンサルなどを提案する際の「価格設定」や「提案手法」が磨かれる!

と、先生の仕事に活きるだけでなく、下記のような業種にも、とても相性がいいものですので、

 顧問先の研修内容にも応用することができます!

たとえば・・・

  • 小売業・通販業では、価格設定や商品陳列に、
  • 医療・介護現場でのクレーム削減に役立ちます。


新しい研修ネタをお探しの先生や、日々の研修の仕事にマンネリを感じている先生、
ご自身のサービスの価格や提案方法に確かな根拠が欲しい先生など、
多くの先生にいらして頂けたらと思います!

 

講座内容

※この講座は、クイズ形式で進行します。

1.不思議な経済心理

価格の表示方法によってものを安く感じたり、高いものをおいしく感じたり、人は自分でもよくわからないことをするときがあります。

ケーススタディ1
いくらだったら売りますか?

300円のジャンボ宝くじを1枚だけ買い、抽せん日まで待っていようと思いましたが、販売終了後に他人がそれを譲ってほしいと言いました。人間関係などを考えずに、いくらだったら売ってもいいですか? 
手放す金額の平均額はいくらでしょうか?

①310円 ②540円 ③830円 ④1180円 ⑤1320円

ケーススタディ2
通販のバックは何色展開が一番売れるでしょう?

①1色  ②3色  ③5色  ④7色  ⑤10色

ケーススタディ3
どうしたらもっと売上を増やせますか?

今はやりのマッサージ店を経営しています。
他店と差別化を図るため、非常に技術の高いマッサージ師ばかりを集め、忙しいサラリーマンを対象に商売を進めています。
<上級技術者が5分間で的確にあなたの疲れを取ります!>
がお店のウリなのですが、思った程の成果があげられていません。
(どうしたら良いでしょうか?)

ケーススタディ4
デアゴスティーニの鉄壁商売

2.合理的な判断を妨げるシステム

私たちは、論理的システムと直感的自動システムの2つを使って判断します。

たとえば建物内で地震に遭遇すると、直感的自動システムが「ヤバイ地震だ。逃げるぞ」と直感的に反応します。すると論理的システムが「いや、待て。ここは耐震性のある建物だから大丈夫。下手に飛び出さない方が良いかも知れない」と反応します。

直感的自動システムは、スピーディに結論まで到達できる優秀な機能です。一瞬にして結論やモノの本質を見抜くこともあります。ところが、いつも正しい答えを導き出せるわけではありません。

この直感的自動システムは、よく間違いや勘違いをするのです。
これを専門用語で、「バイアス」、つまり「偏り(かたより)」と言います。

ケーススタディ5
アフリカの国連占有率の問題

実験参加者の前に0~100までランダムに書かれたルーレットがあり、止まった数字を書き留めてもらいます。そうして止まった数字を見て、「国連加盟国のうちアフリカの国々が占める割合は、その数字より多いでしょうか、少ないでしょうか?」と質問し、その後、「実際の占有率は何%ですか?」と質問します。
実はこのルーレット、「65」か「10」のどちらかにしか止まりません。
ルーレットが「65」で止まった人の占有率の回答平均は45です。
では「10」で止まった人の平均はいくつでしょうか?
①50  ②45  ③43  ④25  ⑤10

ケーススタディ6
投票率を上げるには?

国政選挙の投票率の低さが問題視されています。
ところが簡単に投票率を上げる方法があります。

ケーススタディ7
あなたはいくらもらえたら、このゲームに参加しますか?

コインを投げた目によってお金をやり取りするゲームです。
コインの裏が出たらあなたは1,000円払わなくてはいけません。
逆に表が出たら○○円をもらえます。いくらなら、このゲームに参加しますか?

3.私達は「比較」し、「マネ」する

「2」では直感的自動システムのミスの種類と原因を解説しました。
次に、論理的システムの判断について特徴的なことを解説します。

ケーススタディ8
あなたはB店に行きますか?

Q1:あるメーカーのメモリーカードが、家から歩いて10分のところにあるA店で5,000円という価格で売っていました。ところがさらに10分歩いたところにあるB店ではセールスをしていて、同じものが4,000円で売っていました。さてあなたはB店に買いに行きますか?

Q2:ノートパソコンが家から歩いて10分のところにあるA店で、14万9,000円という価格で売っていました。ところがさらに10分歩いたB店ではセールスをしていて、同じものが14万8,000円で売っていました。
さてあなたはB店に買いに行きますか?

ケーススタディ9
あなたはどちらを選択しますか?

A: 5,000円が80%の確率でもらえる
B: 6万円が8%にもらえる

ケーススタディ10
同調行動→肥満や禁煙は伝染する

第4章 行動経済学を応用した戦略

最後に行動経済学を活用したテクニックをいくつか紹介します。さまざまなシーンで損をしない戦略として活用しましょう。

  • プレゼンでは捨て案が重要
  • 部下への指示はアンカーを示す
  • 好印象でビジネス力を向上させる
  • 売りたいものを売るには「特上」をつくる
  • アンケートではユーザーの声は拾えない
  • %と割合のイメージ
  • 高いものを先に売る
  • ナッジの応用
  • 行動経済学流 交渉術
  • 宝くじについて

 

講師

人事政策研究所 望月禎彦先生

●有限会社 人事政策研究所 代表
●中小企業大学校講師

1960年生まれ。立教大学卒業後、ユニ・チャーム株式会社にて営業を経験後、人事部にて採用、研修の実務を経験。92年独立。支援先を中堅企業に絞り、支援先企業が人事政策面で1人立ちできるよう徹底的に指導するのが特徴。「行動」をベースにした独自の理論を駆使し、『できる人』を着実に増やし、成果につなげる。実際の支援先は25年間で300社を超える。
2000年には、そのノウハウを結実させたソフトウエア『コンピテンシーマスター』を、2010年には、人事評価ASPシステム『コンピリーダー』を開発し、ユーザー数は累計700企業にのぼる。その導入先は上海、台湾にも及んでいる。
また講演では、コンスタントに年間1,000名超の経営者/マネージャーに実践ノウハウを提供。2011年には、20年間のノウハウを体系的に提供する塾形式の『望月人事クラブ』を主宰し、全国各地に『出来る人を増やす』活動を推進している。


開催概要

セミナータイトル 行動経済学のすすめ
講師 望月禎彦先生
選択 開催日時 開催場所 会場 受講料
2019/07/05 (金)
10:30~17:30
東京 ブレインコンサルティングオフィス セミナールーム
千代田区神田神保町1-26 アイピー第2ビル 地下1階
望月人事クラブ会員
21,600円(税込)
PSR正会員
86,400円(税込)
情報会員・一般
129,600円(税込)
2019/07/09 (火)
10:30~17:30
博多 エイムアテイン博多
福岡県福岡市博多区博多駅前3-25-24八百治ビル5階
望月人事クラブ会員
21,600円(税込)
PSR正会員
86,400円(税込)
情報会員・一般
129,600円(税込)
2019/07/12 (金)
10:30~17:30
大阪 此花会館
大阪市此花区西九条5-4-24
望月人事クラブ会員
21,600円(税込)
PSR正会員
86,400円(税込)
情報会員・一般
129,600円(税込)
お申し込みの前に必ずセミナーキャンセルポリシーをご確認ください。

セミナー一覧に戻る

PSRネットワーク会員のご登録