お気に入りに追加

競業避止義務違反に対する懲戒処分が無効とされた事例

2023/05/11

コラム

長崎地方裁判所令和4年11月16日判決

事案の概要

 原告は被告会社に勤務していた。処分時はシステム開発課長であった。被告会社はコンピューターによるシステム設計、プログラム設計及び保守業務等を目的としている。

 原告は他の従業員とともに、独立し被告会社と競合する新会社を設立する計画を立てた。原告らが、被告会社従業員を引き抜くことを計画し、他の従業員に参加を働きかけたとして懲戒解雇処分となった。

 

記事

1 2 3 4 5 6 7

65(21〜30件を表示)

PSRネットワーク会員のご登録

アンコール配信
PSRパブリシティ

セミナースケジュール

専門特化型クラブ