PSRは全国3000以上の社会保険労務士事務所が参加する全国ネットワークです 士業大競争時代を勝ち抜く知恵とコンサルティング技術を提供します
社会保険労務士PSRネットワーク
ようこそゲストさん ログイン
PSR会員専用
  • 定期発送DVD一覧
  • コンサル・セミナーツール
  • 弁護士による無料法律相談
  • 特別レポート
  • 経営戦略型就業規則
  • 助成金診断
  • 診断ツール等
  • 退職金コンサルティング
  • 知って得する知識と知恵
  • 事務所経営支援ツール
  • アライアンス
  • 給与・人事ソフト
  • 規則・書式集
  • 行政パンフ等
  • 事務所通信
  • 就業規則諸規程関連
  • 実務家向け法改正テキスト
  • ブレインのお薦めする適性検査
  • 突撃インタビュー
  • 企業情報検索
  • 人事・労務監査

トピックス

HOME  >  トピックス  >  判例  >  アルコール検知器誤作動でバス運転手...

2015/02/26

【判例】

アルコール検知器誤作動でバス運転手自殺 労災認める

 飲酒検査でアルコール反応が出た3日後に自殺した京王電鉄バスの当時50代の男性運転手の遺族が労災認定を求めた訴訟の判決で、東京地裁は2月25日、「検査が誤っていたのに会社は男性に伝えず、解雇されるかもしれないと強いストレスを受けたのが自殺の原因」として労災と認めました。

 判決によると、男性は2008年6~7月の間に2回、アルコール検査で「飲酒」と検知されました。同社には高濃度の反応があった場合に解雇できる規定があり、男性は4年前にも検知歴があったため、周囲に解雇になる不安を漏らし、2回目の検知の3日後に飛び降り自殺しました。

 佐々木裁判長は、2回目の検査では朝の出勤時よりも出勤後の午後五時ごろの検査の方が高い数値が検知されており、検知器の誤作動の可能性があると指摘しました。そのうえで「会社は誤作動であると分かっていたはずなのに男性に伝えず、退職を強要するような対応をした」として自殺は「業務が原因」と結論づけました。

 京王電鉄は「裁判の当事者ではなく、判決の内容を詳しく見ていないのでコメントできない」としています。



※無断転載を禁じます

関連記事

powered by weblio



特集タイトルバー
改正個人情報保護法特集
ストレスチェック特集
マイナンバー特集
ツール
オンラインデモ
JOBCAN
WEB給与明細書配信システムPay-Look(ペイルック)
マイコンピテンシー
改正個人情報保護法への実務対応解説DVD+社員研修DVD
外国人技能実習アセスメント
ブレイン総合型401K
実務安心パックシリーズ
ストレスチェック実務安心パック
マイナンバー実務安心パック
かんたん賃金制度導入パック
おまかせ健康管理
おまかせ健康管理
安心君シリーズ
ファイル共有安心君
ファイル共有安心君
マイナンバー安心君
克己式営業特訓塾
いしづか採用クラブ
淡河サポートクラブ
あしたの人事コンサルタント養成講座
PCA
JOB!BASE
TA・HCi-AS
アドバンテッジリスクマネジメント
エニアグラム
日本研修グループ
人事労務規程管理システムクラウドサービス
名刺バンク
ベネフィット・ワン企業年金
健康診断フォロー&メンタルヘルス対策
マイナBANK(社労士モデル)
ベネフィット・ステーション
労働新聞社
オフィス・店舗・倉庫の賃料が下がる!

DVD

信託を活用した新しい事業承継・相続・贈与 信託による事業承継、相続・贈与の知識が身に付きます
相続・遺言の実践知識DVDシリーズ 相続・遺言の知識が身に付きます
FAX DMで年収が7倍UP!! DMで顧客拡大!新手法大公開
弁護士による無料相談

その他 会員サービス

1枚10円からの名刺印刷
PRINTOMO
成功報酬型求人サイト 社労士に特化
ヒビコレ ジョブ!
マイコミAgent
再就職支援サービス
給与・人事ソフト